稚内市 宗谷ふれあい公園~目が回る回転遊具がいっぱいの最北の巨大公園~

稚内市にある道立宗谷ふれあい公園を紹介します。

稚内市街地から宗谷岬へ向かう中間にある、巨大な公園です。

珍しい遊具もたくさんあったので紹介しますね♪

いきなり結論

  • モビールス、自転車、コーヒーカップ 目が回る遊具が面白い
  • すべり台はシンプルながらもお尻に優しく、繰り返しやすい
  • ターザンロープが2台、ゆらゆら木馬はたくさん
  • 故障している遊具がたくさん
  • 屋外遊具は谷間にあり木が茂っているので蚊が…
目次

宗谷ふれあい公園基本情報

アクセス

北海道のてっぺん、稚内の市街地から車で約15分のところにあります。

1時間に1本程度バスが運行されているようですが、よほどのことがない限り車がいいと思います。

  • 稚内市市街地から車で約15分
  • 稚内空港から車で約5分
  • 旭川市から車で約4時間
  • 札幌市から車で約5時間

基本情報

基本情報
名称北海道道立宗谷ふれあい公園
住所北海道稚内市声問5丁目40番1号
営業時間谷間の冒険広場(屋外)
 5月上旬〜9月30日 9:00〜17:00
屋内遊戯場
 夏季(4/29~9/30):8:00〜21:00
 冬季(10/1~4/28):9:00~17:00
※施設/季節で異なります。公式HPで確認を。
駐車場あり/無料
 夏季:6:00〜22:00
 冬季:8:00~18:00
売店なし/飲料が買える自動販売機はいくつかあります。
近くのコンビニ車で10分くらい
トイレあり/パパでも利用できるおむつ替えスペースあり
公式HPhttps://soyafureaikoen.com/

大型遊具が盛りだくさん谷間の冒険広場

寅パパ

広大な敷地なので駐車場をビジターセンター前か展望台かで迷いますが、ビジターセンター前に駐車しましょう。

ビジターセンター前から徒歩5分、展望台からは徒歩10分かかります。

目が回る珍しい遊具がたくさん

他の道立公園に比べて、遊具エリアの規模は大したことありませんが、目が回る“回転系”遊具が充実しています。吐かない程度に遊んでください♪

誰でも簡単に回せるモビールス

やじろべえみたいな形をしたこの遊具、バランスをとりながらぐるぐる回るのですが、シーソーと違って片側だけしか人が乗っていなくても、ある程度安定して周り続けてくれます。

珍しい&ふわり感が病みつきになるこの遊具、争奪戦になりがちですが、それだけの価値はあります。

寅パパ

回らせるためには、親が押してあげる必要があります

ちなみにこの遊具、ここ以外だと八雲町の噴火湾パノラマパークくらいしか見たことがありません。

モビールス

まるでちびくろさんぼ!ミニミニ自転車

6人まで乗れる、ペダル付き回転自転車

想像どおり、ペダルを漕ぐとぐるぐる回転します。

寅パパ

大人が全力で漕ぐと、遠心力に耐えるのがキツくなるくらい高速で回転します

ミニミニ自転車

とにかく回るコーヒーカップ

遊園地のコーヒーカップと同じ様な遊具もあります。

大人も中に入って、ピンクのハンドルみたいなのを回してあげると、本体がぐるぐるぐるぐる回転してくれます。

コーヒーカップ

回らないけど珍しいシーソー

こちらは、ちょっと変わった形状のシーソー

普通のシーソーよりも大人が押してあげやすい形状で腰にGood!

シーソー

すべり台

複合遊具のすべり台以外に2つすべり台があります。

お尻に優しいウェイビー

網走市のテントランドにもある、ポリエチレン樹脂製のすべり台

お尻に優しくすべりも良い、まさにキングオブすべり台!です。

すべり台

お尻に厳しい石のすべり台

道立公園おなじみの石のすべり台もありますが、閉鎖されていました(T_T)(2021年)

石のすべり台

まあまあ大きい複合遊具

よくある複合遊具もビックなスケールでどどーんとあります。

複合遊具
複合遊具 トンネルすべり台
トンネルすべり台
複合遊具 二人用すべり台
二人用すべり台
複合遊具 登るところ
登るところ
複合遊具 パタパタ返して遊ぶ遊具
パタパタ返して遊ぶ遊具

よじ登りやすい小屋

複合遊具の隣には、小屋もあります。

ままごとも出来るし、よじ登りやすいし、なかなか良い遊具です。

よじ登りやすい小屋

ターザンロープ

ターザンロープは2本ぶら下がるところがあるので、2人で一緒に遊ぶことができます。

ターザンロープ

ふわふわドーム

道立公園おなじみのふわふわドーム。残念ながら故障のためか閉鎖されていました。

ふわふわドーム

ブランコ

ブランコはこの2席のみ。

向かって左側が、幼児向けお尻を入れるタイプ

向かって右側は簡易な座面のタイプ

ブランコ

意外にゆらゆら木馬の設置数は道内一?

ユラユラ木馬は全部で10個くらいあります。

寅パパはこれよりゆらゆら木馬がある公園を知りませんが、道内一ってことで良いですか?

イモムシ型ゆらゆら木馬
紋別市のオホーツク流氷公園にもあったイモムシ型
向かい合わせに座るゆらゆら木馬
向かい合わせに座るタイプ
ベンチ型ゆらゆら木馬
ベンチ型
オーソドックスなゆらゆら木馬
オーソドックスなゆらゆら木馬

故障中の遊具

いくつか休止中の遊具が…
もう少し頑張ってほしいところです

使用中止遊具の看板

冬はスキーもできます

1月~3月にはスキー場がオープンします。

ロープトゥが1本の簡易的なコースですが、料金は無料

寅パパ

ちなみに夏期は谷間の冒険広場と展望台を結ぶ近道になっています。草刈りされているので気持ちいいみちです。

スキー場

なんと、このスキー場の上空が、隣接する稚内空港へと続く航路になっています。

寅パパ

東風時の着陸が狙い目。
なかなか見ないプロペラ機を間近にみるチャンスです!

着陸する飛行機

反響音が不思議な展望台

谷間の冒険広場からスキー場を登ると展望台にたどり着きます。

なにやら怪しい壁で囲まれたこの施設、色々計算して作られているようで、中心で声を出すとなんと自分の声がコンサートホールのように反響して返ってきます。

名寄市のサンピラーパークにもありましたが、よりスケールが大きく「何でこんなことに??」と感動することは確実なので、是非上まで足を伸ばして行ってみてください。

展望台

展望台と谷間の冒険広場の間はスキー場かこのヤブ地帯を抜けていきます。

心細くなるので、ヤブ地帯は行かなくてもいいと思います。

展望台-谷間の冒険広場のみち
DSC_0774

屋内遊戯場もあります

風が強く年中寒いイメージの稚内ですが、屋内遊戯場もあるので安心です。

夏季:8:00〜21:00/冬季:9:00~17:00 なので、キャンプ場を利用して夜まで遊ぶなんてこともできます。

屋内遊戯場

キャンプ場も大人気

キャンプ場もありますが、嬉しいのは肉まで購入できること。

海鮮は手に入れやすいものの、肉を買うのは結構難しい稚内

極端な話、テントすら持ってこなくてもキャンプができます。

キャンプ場のチラシ

宗谷ふれあい公園のまとめ

  • モビールス、自転車、コーヒーカップ 目が回る遊具が面白い
  • すべり台はシンプルながらもお尻に優しく、繰り返しやすい
  • ターザンロープが2台、ゆらゆら木馬はたくさん
  • 故障している遊具がたくさん
  • 屋外遊具は谷間にあり木が茂っているので蚊が…
寅パパ

以上稚内まで来たら必ず寄りたい宗谷ふれあい公園でした~


よかったらシェアしてください!

この記事を書いた人

内地出身、北海道の生活を愛するアラフォー。
小2のさくらと2才の寅をこよなく愛する。

目次
閉じる