春光台公園~無料で楽しめるアスレチックコースが楽しい~

旭川市にある春光台公園に行ってきました

無料のアスレチックコースが楽しかったので紹介しますね。

いきなり結論

  • アスレチックコースは全20の遊具があって楽しめる
  • バイパス沿いにあって、アクセルしやすい
  • キャンプ場も併設しているので、一日中あそべる
  • 宝くじ遊園は老朽化が著しい
  • アスレチックコースは木々の中にあって、蚊が多い
目次

春光台公園の基本情報

国道12号線バイパス沿いにあるので、札幌方面からや道北(士別、層雲峡)方面からアクセスしやすいです。

駐車場

とても大きい公園ですので、遊ぶ施設によって、駐車する場所が違います

アスレチック/キャンプ場なら上

宝くじ遊園なら下の駐車場を利用します

基本情報

基本情報
名称春光台公園
住所旭川市字近文5・6線3号~5線5号
営業時間24時間
駐車場あり/無料/24時間
売店なし/飲み物が買える自動販売機はいくつかあります。
近くのコンビニ車で5分くらい
トイレあり/アスレチック側にはパパでも利用できるおむつ替えスペースあり
春光台公園 総合案内板
春光台公園全体図

冒険広場(アスレチックコース)

春光台公園と言えばここ!

広い敷地にゆったり整備されたアスレチックコースは、遊びごたえ抜群です

アスレチックコース全体
周囲に配置されている木色の遊具一つ一つがアスレチック

アスレチックは森の中に20個配置されています

アスレチックコースの案内図
アスレチックコース 
おやくそく

20あるアスレチックをすべて紹介

アスレチックコース スタート
スタート

1 切株ジグザグ

小学生には簡単な切株の上を渡るもの

切株ジグザグ
寅パパ

写真奥の様にテープが貼ってあって、使用できないアスレチックはこれだけでした

幼児は大人が手を貸してあげる必要があります

切株ジグザグ 幼児の場合

2 森への1本道

ロープをつたう遊具

森への1本道

3 さるわたり

渡る遊具

さるわたり

4 旭岳にチャレンジ

へばりつきながら、横に移動する遊具。

真ん中の丸太の上に斜めにロープがかかっているところは、手が届きませんでした。

旭岳にチャレンジ

5 ドングリ林トリデ

にょきにょき出ているぼっこを渡っていく遊具。

大人には簡単そうですが、一番難しかったようで、

最後に降りるところの足が届かず諦めていました。

ドングリ林トリデの最後

6 大雪山こえ

丸太を超えていく遊具

大雪山こえ

7 層雲峡クライム

垂直の壁を乗り越えていく遊具。

板と板の間に隙間があるため、意外に簡単なようです。

層雲峡クライム
寅パパ

なんと!2才児でも乗り越えられました。

層雲峡クライム 2才児でも超えられた

8 ユラユラ丸太

結構ゆれる、丸太がぶら下がっている遊具。

ユラユラ丸太

9 ターザンロープ

傾斜を利用する上に、乗り場が上がっているので、かなり迫力があるターザンロープ。

ターザンロープ

下の結び目がしっかりしているので、幼児にも優しい です。

ターザンロープ 幼児の場合

10 くねくね丸太トンネル

トンネルをくぐる遊具

くねくね丸太トンネル

11 石狩川わん力わたり

ロープをたぐって、向こうまでわたる遊具。

見た目はテンション上がりますが、大変さが勝って…あまり楽しめません

石狩川わん力わたり

12 春光台の沢こえ橋

吊り橋みたいな遊具

春光台の沢こえ橋

13 ゆらゆらロープ

バランスをとるのが難しい、遊具。

結構時間がかかるので、順番待ちが発生しやすいです。

ゆらゆらロープ

14 レンジャーロープ

綱渡り

上のロープを掴んでいい/だめ/上のロープに逆さにぶら下がって渡るなどアレンジも色々できます

15 風の子トンネル

ネットのトンネル。

大人にはとてもきついので、傍から見守りましょう。

風の子トンネル

16 天人峡の岩壁わたり

ボルダリングウォールを横に移動する遊具

天人峡の岩壁わたり

17 イゲタわたり

板を渡る遊具

イゲタわたり

18 空中さんぽ

斜めになっているうんてい。

去年は出来なかったさくらちゃん(小2)が完走できて感動👏

19 嵐山ハイキング

丸太渡り

嵐山ハイキング

20 勇者の鐘

最後のアスレチックは鐘を鳴らす遊具

勇者の鐘
アスレチックコース ゴール
ゴール

とても楽しい、アスレチックコースですが、難点は蚊が多いことです。防虫対策をお忘れなく!

アスレチック以外の遊具も紹介

キレイなローラー滑り台もありますが、使用禁止です(2021年)。

ローラーすべり台

奥のトンネルみたいな遊具は使用できます

トンネルみたいな遊具

ブランコが2席あります。

片方は座面が丸まっているタイプ、片方はネットのイス型です。

ブランコ

宝くじ遊園

山の上側にあるアスレチックコースと双璧をなす施設として、下側には巨大な遊具があります。

宝くじ遊園全景
公園利用のお願い

構造的には、1F(地上階)-2F-3F(屋根裏)みたいな3階建てですが、とっても入り組んでいて全体像は中々把握できません。

各階の紹介

1F

宝くじ遊園 1F

2F

宝くじ遊園 2F

3F

宝くじ遊園 3F
寅パパ

体の大きな大人にはきついところもたくさんあります

宝くじ遊園 置くまで続く3F
3F部分はかなり奥まで続きます
宝くじ遊園 ロープが張り巡らされている3F
難儀する大人をおいて、ひょいひょいいく子どもたち

登るところ

宝くじ遊園 登る遊具
宝くじ遊園 登る遊具2
宝くじ遊園 はしご

滑るところ

宝くじ遊園 すべり台
宝くじ遊園 小さいすべり台
宝くじ遊園 棒

立入禁止部分

老朽化のためか立入禁止部分もいくつかあります

宝くじ遊園 立入禁止

残念ながら、立入禁止の面積が年々増えているので、そのうち取り壊しかな~と思います

宝くじ遊園側のトイレは野性味溢れるもの

トイレは2か所ありますが、いずれも野性味溢れるものです。

オムツ替えは車か、山の上にあるアスレチックコース側のトイレで行います。

宝くじ遊園側のトイレ

キャンプ場

アスレチックコース横には、キャンプ場があります。

数年前までは無料でしたが、カムイの杜公園と同様有料化されました。

車の乗り入れは出来ませんが、リヤカーはあります

キャンプ場 案内板

旭川の街中にあるので、買い出しも便利ですよ♪

春光台公園のまとめ

  • アスレチックコースは全20の遊具があって楽しめる
  • バイパス沿いにあって、アクセルしやすい
  • キャンプ場も併設しているので、一日中あそべる
  • 宝くじ遊園は老朽化が著しい
  • アスレチックコースは木々の中にあって、蚊が多い
寅パパ

当麻町のフィールドアスレチックよりも手軽に楽しめる春光台公園の紹介でした~


よかったらシェアしてください!

この記事を書いた人

内地出身、北海道の生活を愛するアラフォー。
小2のさくらと2才の寅をこよなく愛する。

目次
閉じる