公園を地図から探す⇒MAP

北海道弁の「ぼっこ」はどれくらいの棒か検証してみた!

寅パパ

北海道弁の「ぼっこ」って知ってますか?

標準語の「(ぼう)」のことなのですが、北海道民はこの言葉が大好きです。

内地から北海道に移住して20年たちますが、「こんなところで”ぼっこ”を使うの~?」という場面によく遭遇します。

今回は本州人の想像を超えた”ぼっこ”の活用法を探っていきます。

目次

「ぼっこ」が表す「棒」はどれ?

寅パパ

内地の人は1か月に1回も「棒」なんて言いませんが、北海道民は「ぼっこ」をとても使います。

例えば、「テントの端にぼっこさしといて〜」(ペグのこと)とか、

スキーをしている子どもに、「ぼっこは前で持ってね〜」(ストックのこと)みたいな、

何かを言うとき、まずそれが「ぼっこ」と言えないか判断しているような印象すらあります。

そこで、寅パパの周りにいる道産子(北海道生まれの北海道育ち)10人にどこまでが「ぼっこ」の範囲なのか、アンケートしました。

寅パパ

音符に付いているぼっこは、
娘のピアノの先生が実際に活用していました

  先生

4分音符は、●の上に”ぼっこ”を書くよ

手袋もぼっこ?

寅パパ

ミトンの手袋のことを、「ぼっこ手袋」と言うらしいです。

ぼっこ手袋
寅パパ

もはや”棒”の要素はどこにもないですね

商品名に”ぼっこ”を入れたらもっと売れない?

「棒」が名称に入っているあの商品は、名前を変えたら北海道では売れるかもしれないですね

  • うまいぼっこ
  • つっぱりぼっこ
  • 指差しぼっこ

ルー大柴さんはその昔、「藪からスティック」と言っていましたが、大泉洋さんには是非「藪からぼっこ」と言ってほしいですね。

こんなものもぼっこって呼ぶよと言うのが、あったら教えて下さい。

スポンサー

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる