地図から探す ⇒MAP

宿代の節約のため、北海道⇔青森の移動をフェリーにしたら楽しかった!

年中旅行に行きたいため、日々お得な旅行を探している寅パパです。

この記事の内容
  • 北海道⇔本州の移動でフェリーを使った場合の費用
  • 家族連れでフェリーを利用できるのか

我が家では北海道⇔本州の移動の際、条件が合えば飛行機ではなくフェリーを利用します。

飛行機よりも時間がかかるというデメリットはあるものの、うまく選ぶとそれを上回るオトクさを得ることができるのですよね。

特に航空運賃が高くなる大型連休に、その効果は高くなります

今回紹介する北海道⇔青森のシルバーフェリーは家族4人(大人2人+小学生1人+年少児1人)で約2万円でした。

寅パパ

あなたもこの記事で勉強してお得に旅行しちゃいましょう!

目次

北海道⇔本州の移動手段

北海道⇔本州の移動では自動通行が可能なトンネルはないため、飛行機、電車、フェリーのいずれかを使うことになります。

目的地ごとにおおよそかかる費用を比べてみました。

札幌から旅行するのにかかる費用

目的地飛行機電車フェリー
青森県1.5万円6千円
宮城県1.0万円2.2万円1.1万円
東京都1.5万円2.7万円1万円
費用の比較

※買うチケットの種類によって値段はかわるため、おおよその目安です。

寅パパ

思ったほど安くはないのですが、目的地が空港より海の港の方が近い場合は使い勝手がよくなります。

宿泊費を浮かせるためにフェリーを使う

旅行で最も費用がかかるのが、宿泊代ですよね?

特にGWともなると、なんでもないビジネスホテルでも2万円くらいはします。

普段5000円くらい(北海道だとそんな宿がごろごろあります)で泊まっている我が家にはとても痛い!

フェリーのダイヤをよく見ると、夜中に移動⇒現地についたら朝から観光できる航路がいくつかあります。

移動中に眠れる北海道⇔本州のフェリー

寅パパ

北海道⇔本州は20時間くらいかかる航路が多いのですが、ちょうどよい航路がいくつかあります。

南行きのおすすめ航路

フェリー会社時間リンク
シルバーフェリー苫小牧23:59→八戸7:30HPへ
太平洋フェリー苫小牧19:00→仙台10:00HPへ
商船三井フェリー苫小牧18:45→大洗14:00HPへ
新日本海フェリー苫小牧19:30→秋田7:35HPへ
南行きのおすすめ航路

北行きのおすすめ航路

ェリー会社時間リンク
シルバーフェリー八戸22:00→苫小牧6:00HPへ
太平洋フェリー仙台19:40→苫小牧11:00HPへ
商船三井フェリー大洗19:45→苫小牧13:30HPへ
北行きのおすすめ航路
寅パパ

青森⇔函館だと3時間で早すぎて眠れず。新潟⇔16時間で一日無駄になる。と、ちょうど良いものは少ないのですが、苫小牧⇔八戸だと完璧な日程にできました。

シルバーフェリー 苫小牧⇒八戸

出港場所は苫小牧西港

北海道の海の玄関口といえば、苫小牧西港。

スポンサー

よかったらシェアしてください!
目次
閉じる